東牟婁郡北山村の探偵事務所へのご相談なら、社団法人探偵協会が優良な探偵事務局を紹介致します。

社団法人探偵協会


本当に信頼できる探偵事務所探し

電話問い合わせ

メール問い合わせ

東牟婁郡北山村で探偵、興信所をお探しの方、お困りの方、社団法人探偵協会にお任せください。


北山村は、和歌山県東牟婁郡に属し、「紀伊半島」南部の山間部へ位置している村です。村域の約97%が「山林地帯」となっており、「三重県熊野市」との境を流れている「北山川」沿いにある村の南端部分に小集落が存在しています。「和歌山県」に属しているものの、周囲を「奈良県」と「三重県」に囲まれ、市町村単位の飛地がそのまま領域となっており、平成の大合併により他村が消滅してしまった結果、「日本」及び「和歌山県」で唯一の「自治体」となった。因みに「離島」を除くと高知県の「大川村」に次ぎ最も人口の少ない村でもあります。古い時代から良質の「杉材」に恵まれ、「林業」とその木材を筏に組んで「北山川」を流す筏師の村として発展してきた。だが、1955年(昭和30年)代に入ると、戦後復興の「電力エネルギー」の確保の国策から、「北山川」にも3つのダムが建設されました。住民の生活基盤でもあった約600年の歴史を有する「筏流し」が出来なくなり、住民の生活は大きな変革を余儀なくされた。

北山村長は「奥田 貢」氏が、2000年(平成12年)8月6日に就任され今期で4期目となっています。村の木は「ジャバラ」、村の花は「シャクナゲ」です。2012年(平成24年)12月1日現在の人口は486人(男性229人、女性257人)、世帯数は275世帯です。村の特産品は「椎茸」・「じゃばら」・「那智黒石」・「硯石」です。北山村役場の所在地は、和歌山県東牟婁郡北山村大沼42 電話0735-49-2331です。

ダムが建設され「筏師」は姿を消してしまったが、1979年(昭和54年)に「北山川観光筏下り」として「筏流し」が復活しました。筏師には、当時の活躍されていた筏師が復帰され、再び活躍の場が与えられました。三重県の市町村との合併によって「和歌山県」の「飛び地」でなくなろうという動きも見られたそうですが、住民投票の結果「和歌山県」に残った。2005年(平成17年)に多く実施された市町村合併の際には、「新宮市」に合併する具体案がありましが直前に中止となった。自治体として「北山村」が成立したのは、町村制の施行と同時の1889年(明治22年)であります。当時、「和歌山県」に属していたそれまでの「七色村」・「竹原村」・「大沼村」・「下尾井村」・「小松村」が合併して「北山村」が成立しました。それ以来は合併などは全くなく「飛び地」ゆえに人口が少なくとも一村を維持してきました。因みに「七色ダム」建設によって数多くの「集落」が湖底に沈んでいるそうです。

携帯サイトのQRコード

ページトップへ

Copyright(c) 2010- 社団法人探偵協会 All Rights Reserved.