東京の探偵協会では、寄付金のお願いをしております。

社団法人探偵協会


社団法人探偵協会(ホーム) > 寄付金のお願い

寄付金のお願い

寄付金のお願い

社団法人探偵協会では、業界団体として仕事を引き受け、最高レベルの行動調査を手がけることも可能な体制を構築しております。
公益に資する為各加盟員は原則年に1回ボランティアで仕事を引き受け、原価で行動調査を引き受けることとしております。当然に無償調査の申し込みには厳格な要件を定めており、条件は以下に挙げるものとなっております。
(頂いた寄付金の範囲内で年間受件の件数を決定しております)

無償調査の条件

  1. 専業主婦の方などで、収入が一定以下の方(納税証明書・課税証明書を役所から貰ってご提出頂きます)概算で年収が100万円を下回っている方。
  2. 犯罪性の高い案件に遭遇している方、具体的には配偶者の浮気は元より、 DV(ドメスティックバイオレンス)被害に遭っている方・児童の虐待が認められる家庭で暴力を振っているもう一方の配偶者の方・性的な被害に遭い、脅迫などを受けている方・配偶者が小学生、中学生、高校生などの青少年との交際を金員を以って行なっている方・詐欺などの被害者・社会一般の観点から相当な理不尽に遭遇している方、などに限定しております。(婚姻中の方は、原則として離婚を前提としている方)
  3. 事情説明嘆願書(400字詰め原稿用紙3枚~10枚程度)を提出できる方。この資料を基に審査致します。
  4. 浮気調査の場合には、既婚者で離婚を前提としている方。詐欺などの場合には証拠資料を以って係争を前提としている方。
  5. 最終的に無料で社団法人探偵協会経由で調査報告書とDVDビデオ(時価総額100万円相当の資料を)をご提出致します。 この報告書とDVDを当協会のホームページへ、ある程度個人情報が特定しづらい形で公開しても良いと考えている方。 また、報道機関等に一部情報を提供しても良いと考えている方。 「探偵の権利向上と啓蒙啓発活動にご協力頂ける方」 「1年以上、年額1万円~の社団法人探偵協会の賛助会員になって頂ける方」 自分の苦境の告白や個人情報を犠牲にしてでも 「同じ苦境に立たされている方の力になっても良いと考えられる方、先々同様の被害者にアドバイスできる方」

調査終了後は、DVシェルター・児童相談所・施設・弁護士・生活保護受給申請などのアドバイス・告訴・告発の方法・記者さん などなどケースに応じた専門家を無償にて御紹介させて頂きます。

賛助会員、寄付金の募集

上記活動を支えて頂ける企業、個人の賛助会員ご希望の方、寄付金の申し込みなどを随時募集中ですので、是非とも奮ってお気軽にお問い合わせ下さい。善意と正義の循環に是非ともご協力下さいませ。(寄付金の活用方法を指定することも可能となっております) 寄付金を頂けました個人、企業の有志の方々は毎年度ホームページでの公開、表彰などを予定しております。

振込先:ゆうちょ銀行(9900)上野支店( 018ゼロイチハチ )
普通預金口座( 0823714 )(記号 10120 番号 8237141 )
口座名義:シャ)タンテイキョウカイ

探偵社・興信所のご紹介

「社団法人探偵協会」は、長年の実績に基づき、責任をもって管理・監督・指導をした全国の加盟員探偵事務所により構成されています。初めて探偵社・興信所へ調査依頼をご検討の方は安心して当協会へご相談下さい。

ご紹介依頼フォームはこちら

携帯サイトのQRコード

ページトップへ

Copyright(c) 2010- 社団法人探偵協会 All Rights Reserved.