公簿関係とは

社団法人探偵協会


社団法人探偵協会(ホーム) > 公簿についての知識 > その他の公簿について

その他の公簿について

その他の公簿について

公簿とは

公簿とは、辞書によると官公署が法令の規定に基づいて作成し、常に備えておく帳簿となっております。
具体的には住民票や戸籍謄本関係及び、商業登記簿謄本、土地や建物の登記簿謄本等となっております。

探偵の業界的では、公簿関係として、判例、判決文、1000分の1の住宅地図や官報や新聞記事検索、必要な年数を遡っての104番号登録状況、他の信用調査機関の関係の情報、をも指すことがあります。

まずは、マル対の「公簿関係を徹底して洗ってくれ!」などの言葉が探偵事務所では、よく使われております。

特に法務局にある登記簿謄本は非常に重要で、利害関係人(又はその代理人)である旨を説明すれば、通常取得できる商業登記簿謄本に書かれている代表者の住所や氏名のみならず、法務局に提出されている資料の全てに目を通すことも可能となっております。
怪しい会社については、ワザと誤記をして登記するケースもあり、確実な確認作業が必要なケースも多くあるのです。

探偵社・興信所のご紹介

「社団法人探偵協会」は、長年の実績に基づき、責任をもって管理・監督・指導をした全国の加盟員探偵事務所により構成されています。初めて探偵社・興信所へ調査依頼をご検討の方は安心して当協会へご相談下さい。

ご紹介依頼フォームはこちら

携帯サイトのQRコード

ページトップへ

Copyright(c) 2010- 社団法人探偵協会 All Rights Reserved.