住民票の除票

社団法人探偵協会


社団法人探偵協会(ホーム) > 公簿についての知識 > 住民票の除票

住民票の除票

住民票の除票

住民票の除票とは

住民票の除票とは、住民票が存在する市区町村から、他の市区町村へ引越しをした場合や、死亡したときに、元の住所地市区町村、死亡時の住所地市区町村で作成されるものです。

その住所地から転出したり死亡したからといって、すぐにその記録が全て無くなるというのでは問題がありますので、「住民票の除票」 という形で残すこととなっております。

住民票が除票になってから、5年間は各市区町村に住民登録があった履歴が保存されますが、それ以降は履歴自体廃棄されてしまいます。

この住民票の除票も、通常の住民票と同じように世帯全員の写しでも取得することができますし、世帯の中の一部の写しでも取得可能です。

さらに、住民票の除票には、転出先も記載されておりますので、住民票の除票を取得すれば引越し先が判明することになります。 同居の世帯員など以外の他人の住民票や除票を請求するには、正当な理由を示す必要があります。
やはり、住民票とはいえ本籍を調べることも可能な公的な書類なのである程度取得に制限をかけることは当然です。

住民票の除票で確認できるのは転出先だけですので、そこから更に転出している場合(他の市区町村に2回転出している場合)は当然一か所の役所から住民票の除票を取得するだけでは新しい住所は確認できません。

例えば、次のような場合です。

A市 → B市 → C市

以上のように住所を変えている場合に、A市で住民票の除票を取得してもB市までしか分かりません。
C市を確認しようと思えば再度B市でまた、住民票の除票を取得しなければなりません。

探偵社・興信所のご紹介

「社団法人探偵協会」は、長年の実績に基づき、責任をもって管理・監督・指導をした全国の加盟員探偵事務所により構成されています。初めて探偵社・興信所へ調査依頼をご検討の方は安心して当協会へご相談下さい。

ご紹介依頼フォームはこちら

携帯サイトのQRコード

ページトップへ

Copyright(c) 2010- 社団法人探偵協会 All Rights Reserved.