住民票

社団法人探偵協会


社団法人探偵協会(ホーム) > 公簿についての知識 > 住民票

住民票

住民票

住民票とは

住民票は、市区町村、特別区で作成される住民に関する記録です。

各市区町村ごとに住民基本台帳にまとめられていて、現住所の証明、選挙人の登録、などに利用されています。

なお、外国人も、外国人登録制度が廃止されることに伴い、(2009年7月15日から起算して3年以内の各市区町村の定める日)中長期滞在者や特別永住者等についても住民票の交付を受けることができます。

2011年初頭時点で外国人にも住民票を発行する市区町村が大幅に増えました。

記録内容は

  • 氏名
  • 生年月日
  • 男女の別
  • 世帯主についてはその旨、世帯主でない者については世帯主の氏名及び世帯主との続柄
  • 戸籍の表示(=本籍及び筆頭者)。ただし、本籍のない者及び本籍の明らかでない者については、その旨
  • 住民となった年月日
  • 住所及びその市町村の区域内において新たに住所を変更した者については、その住所を定めた年月日
  • 新たに市町村の区域内に住所を定めた者については、その住所を定めた旨の届出の年月日
  • 11桁の住民票コード
  • 選挙人名簿に登録された者については、その旨

などとなっております。

請求の出来る者については本人や家族、国や地方公共団体の他に特定事務受任者(弁護士、司法書士、などの士業の方々)が職務上必要な場合において行う請求。
及び自己(請求者)の権利行使や義務履行に必要なときなど住民票の記載事項を確認することにつき正当な理由があるものによる請求の場合に限り交付が認められております。

実態としては、近年国民のプライバシーに関する関心の高まりを受けて第三者請求につきましては非常にハードルが高くなりつつあり、正当な理由があるものによる請求についても見解の相違、証拠不十分などとして却下されるケースが非常に多くなってきております。
請求が認められるケースにおいても、本人の申し出や法的必要性が認められないなどとして殆どのケースで記載省略(対象者以外の家族、世帯主の氏名、続柄、本籍、筆頭者、備考等)の住民票の写しが交付されているようです。

住民票の豆知識

住民票というと、通常は、現時点のその世帯(家族)全員の住民票になりますので、その世帯で、数年前に死亡した人がいた場合とか、別な所に転出した人などがいた場合には、それらの人はすでに「住民票の除票」に記載されているので氏名は出てきません。
ところが、「除票込みの住民票謄本」の請求という離れ業があります。
住民票謄本1通と除票1通だと、合計2通分の手数料がかかるのに対して、「除票込みの住民票謄本」なら1通分の料金で、住民票及び住民票の除票の両方とほぼ同じ内容の証明になります。なお、この「除票込みの住民票謄本」は、上記のように1通として発行している市区町村と、結局「除票」で1通、現時点での「住民票謄本」で1通というように別々でしか発行してくれない市区町村との両方があります。

探偵社・興信所のご紹介

「社団法人探偵協会」は、長年の実績に基づき、責任をもって管理・監督・指導をした全国の加盟員探偵事務所により構成されています。初めて探偵社・興信所へ調査依頼をご検討の方は安心して当協会へご相談下さい。

ご紹介依頼フォームはこちら

携帯サイトのQRコード

ページトップへ

Copyright(c) 2010- 社団法人探偵協会 All Rights Reserved.