小川泰平統括部長による探偵業界健全化プログラム-社団法人探偵協会

社団法人


この度、社団法人探偵協会の統括部長に就任いたしました小川泰平でございます。
宜しくお願い致します。
ここ近年、探偵業者と依頼主との間で様々なトラブルがあることを見聞きいたしております。多少大げさな表現になるやも知れませんが、詐欺まがいの業者も散見されるとの情報も得ております。そのような、ご依頼者とのトラブルを無くすために、当探偵協会の趣旨であります「探偵業者の指導監督」ということに賛同した次第でございます。
探偵業の業務の適正化に関する法律(以下「探偵業法」という)の2条1項に、
「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。と定められております。

私は、1980年に警察官を拝命し、30年間奉職させていただきました。
現職中は、刑事部捜査第3課、国際捜査課等に所属し主に刑事畑を歩んできました。
聞き込み・尾行・張り込み・取り調べの毎日でした。
そのノウハウを1つでもお伝えできればと考えております。
真の探偵とは何か?を追求し、違法探偵業者の撲滅、これからの若い探偵志望者の指導等、日本の探偵業界の健全化を推進すべく、微力ではありますがお力になれればと考えております。
もちろん、反社会勢力、その関係者等と一切の関係を持たないことは言うまでもありません。
当探偵協会は、警察はもちろんですが、消費者センター等々とも連絡を密にし、依頼主の立場に立った業務を遂行していく所存でございます。
また、当協会のご意向に賛同して頂ける探偵業者の方も募集しております。
当協会の加盟につきましては、審査・面接等がございます。詳細はご連絡ください。

小川泰平 実績写真集

画像

小川泰平プロフィール


小川泰平(おがわ・たいへい)
1961年愛媛県松山市生まれ。2009年、30年勤務した警察官を退職。
元神奈川県警の部長刑事。
現職時は警察本部捜査三課、国際捜査課等で第一線の部長刑事として
主に被疑者の取り調べを担当。
警察庁刑事局刑事企画課勤務時代に、ソウルの韓国警察庁に出張経験があり
韓国の警察庁との合同捜査に参加。
知事褒賞・警察局長賞等、500回以上の受賞歴を持つ。柔道四段。
著書に『現場刑事の掟』(イースト・プレス、2011年)がある。
現在は、評論家、犯罪コメンテーターとして、テレビ・新聞・雑誌等で
コメントを発表、また講演等も行っている。
趣味は、旅行・スポーツ観戦、食べ歩き
オフィシャルサイト 元敏腕刑事の「取調室」

最新刊2013年5月10日発売 泥棒刑事(宝島社新書)
現場刑事の掟 (アマゾン他一般書店にて絶賛発売中)
小川泰平公式ホームページ
スマートフォン版
スマートフォン版

ページトップへ

Copyright(c) 2010- 社団法人探偵協会 All Rights Reserved.